猫は、尿路結石症を発症するリスクが高いといわれています。この病気にかかると、おしっこの回数が増え、排尿痛や強い腹痛、血尿などが起こるため、とても危険です。尿路結石になる前に、正しく対策をしてあげることが大切です。季節に関係なく起こる症状で、水分摂取が不足するとかかりやすくなるといわれています。普段から、生活環境・食事環境を整えてあげることが重要です。

クランベリーは、こうした猫が結石症になる原因のひとつである、ストルバイト結石に効果があるといわれている素材です。クランベリーに含有される成分「キナ酸」が尿を酸性化するため、尿路結石症の予防が期待できるのです。

クランベリーを使ったキャットフードの例としては、以下のようなものが挙げられます。

たとえば、ある海外産のキャットフードは、猫に多く見られる尿路結石のほか、ヘアボールのトラブルも配慮した原料を使用しています。クランベリーのほか、人参・りんご・ほうれん草を加えており、猫にとって消化が難しい穀類を避けて作られています。また消化率の高いさつまいもが入っている点も特徴的です。

もう一点、安全性にこだわられたキャットフードもご紹介します。同じく海外製なのですが、クランベリーはもとより、低脂肪で高たんぱくで消化の良い白身魚、カロテンやカリウム、食物繊維が多いかぼちゃ、オメガ3.6が含まれるサーモンオイル、お腹の調子に役立つセイヨウタンポポなど、とにかく健康重視で作られています。安全面においては、アレルギー対策が特徴的となっており、敏感な飼い猫にも安心して与えられます。

このように、健康志向きな素材であるクランベリーは、同じく猫の健康対策に適した素材と合わせて使用されていることが多いです。クランベリーの尿路結石対策効果と合わせて、組み合わされている素材にも注目しながら選ぶと良いでしょう。

Published by 運営者