キャットフードには、さまざまな種類があります。基本は動物性たんぱく質を中心としたものになっており、それ以外は基本不要とさえいわれています。従来肉食である猫は、野生で植物性の食事をあまり摂らないためです。ですが、猫の健康を考え、病気の予防や体調の安定などを考えるのであれば、現代獣医学に基づき推奨されている肉以外の食事も、適度に与えることが大切といわれています。

そもそも、猫は体調を崩しやすい動物です。特に泌尿器系は問題が起こりやすく、飼い主のちょっとした油断から辛い病気を発症させてしまう恐れがあります。体調を言葉にして伝えることができないので、人間以上に大変といえます。ですが、そうした体質の傾向は広く理解されているため、対策する術も存在しています。それこそが、キャットフード選びによる方法です。一般的な動物性たんぱくだけでカバーすることはできませんが、泌尿器系疾患の予防に役立つ素材が入った餌を与えることで、自然に防止することができるのです。

代表的な素材としては、ベリー系の果実が挙げられます。中でもクランベリーが有名であり、泌尿器疾患になりやすい猫向けのキャットフードに、多く使用されています。以下では、そんなクランベリーの詳しい特徴から、キャットフードをこだわることの重要性などを細かく特集しています。キャットフードについて詳しく知りたい、重要性を見つめ直したいといった場合は、ぜひ参考にしてみてください。

Published by 運営者